SEO・SEO対策とは

こちらをご覧になっている方はほとんど耳にはしたことがあるかと思いますが、

SEOとは

Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)

の略で、GoogleやYahoo、Bing、MSNと言った、一般ユーザーの利用するネット上の検索エンジンにおいて、

ホームページの内容に関連するキーワードやキーフレーズで検索をかけた際に自社のWEBサイトが上位に表示されるよう、ホームページにさまざまな対策を施すことです。

さる調査によると、ネットユーザーがサイトを訪問する場合、およそ8割のユーザーは検索エンジンにより、希望するジャンル、テーマのサイトを発見、閲覧しているそうです。

ですので、サイトをより多くの一般ユーザーに閲覧してもらうためには、検索エンジンで、ユーザーが検索するキーワードで、より上位に表示されやすくすることが重要です。

そして、そのための手法が、SEO対策、というテクニックになります。

SEOの基本

SEOは、検索エンジンの仕組みにより、

「このサイトは、利用者にとって、より有益なサイトである」

と判断してもらい、検索表示順位を上位にする技術です。

SEOの手法としては、

主に、サイトのソースに重要キーワードを多く配置したり、検索エンジンにとって内容を理解しやすい形のソースに整理する、「内部SEO」

という自サイトに対する施策と、

検索エンジンに登録したり、多くのサイトからリンクしてもらうことで、対外的なサイトの評価を上げる「外部SEO」

という対外的な行動で行う対策とがあります。

一般的に、ホームページに対するSEO対策とは、この内部SEOと、外部SEOとの、両方ともをサイトに取り入れることを言います。

SEOの目的

サイトのアクセスを増やすためにSEO対策を施す。

確かにそれはアクセスアップのためになり、そのサイトの集客力(一時的にかもしれませんが)を上げることになるでしょう。

ですが、アクセスアップのため、SEOだけに焦点を置いたサイトを作ってしまっては本末転倒です。

一時的にアクセスが増え、サイトに人が集まっても、結局中身の無いサイトには人は残りません。

「良質に勝るSEO無し」、と言われるくらい、まずはサイトの質あってこそなのです。

基本にして最大のSEO、それはサイトの内容を充実させ、よいサイトを作ることになります

とはいえ、では、なんのために世間にはSEO対策の本やサイトがあふれ、料金まで取るSEO対策の会社もあるのか、といいますと、サイトの質ももちろんのこと、その上で、 例えばほぼ同じくらいに良質なサイト同士が、あるキーワードでどちらが上位に表示されるか、みたいな際には、わずかな工夫により検索エンジンの評価が変わる、という場合もあります。

そんな、スレスレの競い合いのところで上に行くための、その詰めの部分として対策利用者がいるものです。

一部、おそろしく極端に上位表示を達成できる業者等宣伝していますが、たいていそこまで極端な効果を出せる手法の場合、いつかまたがっくり下がります。

※実際に業者施工のサイトで、一時的に順位上昇も、一定期間後にサイト順位急落や、インデックスから削除されてしまったペナルティ例も多数存在します