被リンク・アクセス情報の重要性

ここまで解説してきました、SEO対策上や、サイトのアクセス・評価上大切な被リンクですが、通常、前述の様な手法で日々チェックするのも大変ですし、また、その内容を記録していくのは大変です。

そのようなことから、何か便利なツール等を使い、日々のデータは集めておきたいものです。

本項では、そのような、サイト情報の測定、情報収集に最適な、

Googleサーチコンソール

の紹介をしていきます。

サーチコンソールとは

Googleの提供する、サイトの効果測定ツール。

・Googleにユーザー登録している

・対象サイトの所有権を持っている(後述する手順で証明)

の2条件を満たすだけで、誰でも登録・利用することができ、

・該当サイトのGoogleへのindexされ方の確認

・被リンク数、被リンク元のドメインの確認

・Googleからの連絡事項や、それに対する対処の報告等が可能

・他各種検索情報等も取得可能

となり、サイト分析に関しては、とても無料とは思えないほどの高性能です。

またデータ収集・確認の他、例えば、作りたてのサイトのサイトマップを送信することで、Googleに正確なサイト構造を送り、より早くインデックスしてもらう、といった使い方も可能です。

※通常サイトマップを送らなくても、Googleはすぐにインデックスしてくれますが、サイトの構造が複雑ですと、下層ページのインデックス漏れが起きることもあります。

サーチコンソールの導入

サーチコンソールは前述通り、Googleでアカウントを持っていて、サイト所有権があれば使えます。

順番としては、

まず無料で取得できるGoogleアカウントを取得しまして(ここはほとんどの人が問題ないとは思いますが)、

次に、Googleにログインして、

サーチコンソール

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

を開きます。

ここから、情報を見たいサイトのURLを入力しまして、登録を行います。

登録時にサイトの所有権というものの確認が発生しまして(他人のサイトの情報を勝手に確認できないように)、手法は数通りありますが、 主に、該当サイトのheadタグ内に、Google指定の情報タグを埋め込むか、認証用ファイルを該当サーバーに置くことで登録できます。

この場合、レンタルサーバーに配置する場合、特に苦労は無いかと思われます。

※ページのソースに直接タグ追加してもいいし、ファイルもアップできるので

ブログの場合、少し苦労があります。 まず、レンタルブログ等である場合、サーバースペース自体を借りているわけではないので、権限がなく、ファイルは自由にアップできないことがほとんどです。

また前述のhead内に指定タグを書き込むパターンも、ブログのソース自体には一切手を入れられない場合もあり、その場合、実質ブログにウェブマスターツールを仕込むことは不可能になります。

※有名ブログですと、ココログやティーカップブログなどがそれにあたります。

ですが、大多数のブログはウェブマスターツールにも対応でき、管理画面のログイン後に、ブログのテンプレートを編集できる場合が多く、 テンプレート編集が可能であれば、テンプレートのheadタグ内に、ウェブマスターツールの認証タグを入れれば登録できます。

また、少数ではありますが、自由にファイルをアップできるブログもあり、その場合、認証ファイルをアップしてしまえばほぼ解決します。