SEO対策・アクセスアップに有効な被リンク数

ホームページ・ブログを作成された方からしてみれば、

「作ったからには多くの人に見て欲しい」

これはサイトの管理人であれば、みなさま共通の願いかと思います(逆に、誰にも見せないのにネット上に公開なんて、まずしませんし)

そして、そのアクセス数を増やすためには、検索エンジンからのサイト評価を上げ、検索結果での順位を上げることが重要!

※最初からそのサイトを知っていて訪問する人は少なく、多くの人は基本的には検索でたどり着くorリンクからたどり着くものなため

それには、検索順位の向上に、サイトへの被リンク数(他サイトからの自サイトへのリンクのこと)の増加が大変効果的です!!

特に、被リンクは、参照されるほどよいサイト、ということで、他サイトからの投票、とみなされ、多くのリンクを集めている場合、その被リンクは人気を示すバロメータ的扱いになっています。

実際、その原理で、現在超大手にあたる検索エンジンの、GoogleでもYahoo(アルゴリズムはGoogleと同じ)でも被リンク数は検索順位を決める際の重要な指標のひとつになっています(もちろん他にも多数の要素ありですが)。

検索エンジンの検索画面でキーワード入力欄にlinkto:パラメータをつければその被リンク数はチェックできますが(検索エンジンにより対応していなかったり、手法が違う場合有り)、リンクしてくれている元の詳しい情報までは不明なものです。

また、この部分ですが、検索エンジンの仕様変更というものは、基本的に頻繁にありますので、ちょっとした変更等で、すぐにこうした調査用のコマンドが無効になってしまったりしてしまいますので、 サイト情報・いろいろなバック情報を詳しく調べたい場合は、後述のSEO関連に強い便利サイト系でのしっかりチェックをオススメします。

やはり! 苦労して手掛けたサイトの作成者であれば、自身のサイトの人気の指標として、サイトへのリンク数や、リンク元の情報も詳しく知りたいもの。

そんな被リンク数、リンク元のチェック

簡単にこちらの↓サイトから行うことができます。

他にも、もちろんこういった情報調査においては、多数参考になるサイトはあります。

hanasakigani.jp  http://hanasakigani.jp/

SEOチェキ  http://seocheki.net/

SEOTOOLS  http://www.seotools.jp/

これらのサイトは、すべて無料で対象サイトのSEO対策状況、検索順位等をチェックできる、大変有用なツールサイトです。

無料、かつ、利用方法も簡単なので、ぜひ活用ください。

※無料であるがゆえに、責任は無いので、Googleの最新ロジック変更等への対応は遅れてしまうこともあります

簡単な被リンクの説明

基本的に、最近の検索エンジン(特にGoogle検索を中心に)は、検索キーワードに対する結果として返すサイトの上位には、

検索している人の役に立つ、人から注目されているサイトが表示されるべき、

という発想でアルゴリズムを組んでいます。

そのため、注目されているなら、自然とそのサイトへ、他サイトからリンクが集まっているはず、と、リンクを受けている数をそのサイトの他者からの評価、として認識します。

また、その被リンクも内容により、評価の重さに違いがあり、

基本的に

テーマの近いサイトからのリンク >> テーマの関係無いサイトからのリンク(無差別なリンク集等)

1方向の被リンク(こちらからはリンクを貼ってない) > 相互リンク

リンクするテキストがサイトの内容にマッチしている > 内容にマッチしないテキスト

文中で前後関係ある内容でリンク > 前後の文脈と関係無いところからリンク(広告やスパムコメントなども)

となっています。

また、そのリンクを張っているページ内の他の発リンク数によっても、発リンク1本あたりの重みは影響されまして、

外部へのリンクが少数 > 外部へのリンクが多数 >> 外部へのリンクが多数で100を超えている

とされています。

外部リンクの評価が落ちる100、という数は検索エンジン大手Googleがリンクの重さに対する評価として明言したもので、この数を超えているページからのリンクの評価は低いとのこと。

また、被リンクの効果により、検索された時の順位の向上というSEO効果が見込めますが、

その順位向上効果を見込む場合、何という文字をアンカーテキスト(クリックするとリンク先が開く文字)に設定されているかも重要視されます。

※関係無い文字でリンクする可能性は低いので、アンカーテキストはリンク先サイトの中身を表現しているだろうと推測されるため

より詳細な部分は別途、次の被リンクとはのページで解説します。